忍者ブログ
  • 2019.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/10/21 09:48 】 |
~誕生~ その⑥

天国のような、地獄のような運動会練習を経て、やってきました町民運動会。

ママさんバレーの甲斐もあって、そこそこ俺の顔もわかってきてもらえています。
それがうれしくて、くすぐったい感じでした。

練習をしていたからといって、そこまで優勝にこだわっているわけでもなく。
実家のほうの運動会のそれと似たり寄ったり。

それでもやはり夜に練習したという結束なのでしょうか。
団結力が他とは違います。

綱引きの声がけ、玉入れの声がけ、リレーのバトンパス。
どれをとっても他を圧倒するくらいスムーズです。

実力が伴っていないため、結果にはつながりませんが。

部落対抗リレーも予選で敗退し、残されていたのは俺も出場する「ドリブルリレー」。
バスケットボールをドリブルしながらグラウンドを半周し、次のランナーにボールを手渡すリレーです。

やはり地方の運動会だからなのか、結構ローカルルールが。

1.ボールを持ったまま3歩以上歩いてはいけない。
 バスケと一緒ですね。

2.ボールを渡せるのは次ランナーの立ち位置の前後1m
 つまり2mの範囲内で渡すとのこと。若干狭いです。

3.ボールは2バウンドする前に手に触れなくてはならない。
 前方に大きく投げるのを防止しているみたいです。

4.ボールを場外に出してはいけない。
 小さいお子さんも身に来ているから安全のためでしょう。

5 .アンカーはグラウンド1周半走る。
 まぁどのリレーもアンカーは長く走りますね。

6.上記を守れなかった場合、失格となる。
 う~~~ん。失格とはきびしい。

こんな感じでルールが設けられていました。
大したことないだろうと思って他の予選を見学に。

「よーーい。」
ばんっ!!!!

予選の第1組がスタートした模様です。

ピピーーーーー!!!
「赤3歩っ!!!!」
おう。さっそくやったか。
1走者目で赤チーム敗退です。
他のチームは第2走者へと。

ピピーーーーー!!!
「青2バウンドっ!!!」
おおう。今度は青か。
残すは2チームです。
準決勝へは予選から2チームが進めました。
これでなにもしなくても準決勝まですすめることが決定しました。
ですが、第4走者目。

ピピーーーーー!!!
「黄パス渡しオーバーっ!!!」
ぎゃ~~~~
1チームになっちまいました。
緑チームの寂しそうなこと寂しそうなこと。

勝っても盛り上がらない状態です。

後はアンカーが1周半走りきれば第1組はおわりです。

ピピーーーーー!!!
「緑ボール場外っ!!!!」

え~~~~~っと。
予選1回戦第1組全チーム失格。

しかし、さすがは町民運動会。町長が登場してきまして

「え~~~。検査の結果~」
検査してたんですか?なにを??
どちらかというと審査では?

「只今のレースが無効とします!」
『おおおおおおおおおおおお』
盛り上がる予選第1組。

「つきましては~」
つきましては?

「3歩以上と、2バウンドだけをルールとします!」
ずいぶん楽になりました。

気を取り直して第1組のスタートです。

「よーーーい」
ばんっ!!!!

さっきよりもルールが減ったおかげで失格するチームはありませんでしたが、
何気に難しい「ドリブルリレー」。

普通のグラウンドでバスケットボールをついてるわけですから
ちょっと大きい石なんかで、とんでもない方向にボールが跳ねていきます。
それにただ走ってるわけではないため、足への集中力が欠けるせいかカーブで転倒するチームも続出。
スピードを抑えて無難にこなしているチームが上位に食い込んできていました。
しかしスピードを抑えるということは命取りにもなりかねません。
予選を見ていた俺らのチームは
「どうするか」
「アンパイでスピード抑えるか?」
「でもうまいチームとかいたら勝てないっすよ?」
「たしかに・・・」
「でも失格するよりは~・・」

すると、自分の出場するひでみちゃん。
「作戦変更なしっ!」
「え・・・だって」
「だってもへったくれもないっ!」
さすがはチームリーダー。
ん?部落リーダーか?

男が相手でもかまわず自分の意見です。
「私が考えた作戦なんだから大丈夫!」
「そうかなぁ~・・」
自信なさげなおっさん達。

「だってAのとこの○○さんって元バスケ部だよ~?」
「そうそう。でもさっき失格っていわれてたしな~・・」
「本当に大丈夫なの?ひでみちゃん」
女々しいったらありゃしません。

「優勝したくないのっ!?」
「う~~~~ん・・・」
「楽しくやれればね~・・・」
「あさってから仕事だしな~」
「この年になって怪我したくないよな~」

あ~~~~。イライラする。
一番年下の俺が物申そうとしたときでした。

「そうだよねー。みんな仕事とかあるもんね~」
と、ひでみちゃん。

うそだ。この人があきらめるなんて・・・
俺も気軽になるかな・・・

「んでもねー」
ん?なんだ?ひでみちゃん。
「もし優勝できたら『ちゅー』してあげる」

「優勝します!!!!!!!!」

おい。おっさんども。

 
→~誕生~その⑦へ

PR
【2009/03/19 09:37 】 | 暇つぶし | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<散歩道その69 | ホーム | DKとは?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]